ブルー:ブラン・スタッフブログ 愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング結婚式場

ひまわりの誓い ~あなただけを見つめる~

 

 

新郎 ともあきさん

結婚式への想いに溢れる素敵な新郎

ご家族想いで何よりもみきさんのことを

とても大切にされています
新婦 みきさん

いつもとびきりの笑顔が素敵な新婦

お打ち合わせの中で つい こちらが

元気を頂いてしまうほど

みきさんの笑顔はひまわりのようで

周りの人を笑顔にさせてしまう力を持っています

みきさんもご家族への想いでいっぱいです!

 
そんな私の大好きなおふたりです



 

ともあきさんとみきさんは看護師をされており

日々過酷な業務の中 沢山の方に元気を与える

とても素敵なお仕事をされています

 

初めて出逢った日におふたりからお伺いしたのは

ともあきさんがみきさんにされた

サプライズプロポーズのこと

 

 

黄色のお花が大好きなみきさん

そんなみきさんのためにともあきさんは

ひまわりの指輪を手作りされ

ひまわり畑の中 プロポーズをされました

 

 

ですが6月ということもあり

まだひまわりは咲いておらず…

 

 

そのお話をお伺いした際に

満開のひまわり畑の中で夫婦になる誓いをたて

喜びを感じて頂きたい

 

そう思いました

 

 

だこらこそ おふたりの1日のテーマは

 

”ひまわりの誓い”

 

~あなたを見つめる~

 

 

 

 

 

これからおふたりが歩まれる人生の中で

時にくじけそうになったり

上手くいかないことがあったとしても

 

結婚式という1日を思い出し

おふたりが大切に思われている

ひまわりの花言葉のように

 

“あなただけを見つめ

愛し続けることがきますように”

 

 

そんな沢山の想いを込めて—————

 

 

 

みきさんは当日の衣装選びの際に

いつもお姉様のひと推しを頂いていました

 

 

だからこそ今日も花嫁姿を見て頂き

 

『かわいいね』 そう言ってもらい

プライズルームを出発しました

そしていよいよ始まる

ともあきさんとみきさんの素敵な1日は

 

 

おふたりのご対面 ”ファーストミート”から

 

 

ともあきさんが先にチャペルの中に入ると
そこには一通のお手紙が

 

それはみきさんからのお手紙でした

ともあきさんにお読み頂き心の準備も整ったところで

 

みきさんが 『ともくーん』と呼び
お互いの晴れ姿をご覧頂きます

 

改めて夫婦になることを実感できるお時間

自然とおふたりの笑顔が溢れます

そしてともあきさんからもサプライズで

お手紙をお読み頂き ラストには

今日のお守りとしてひまわりの髪飾りを付けて頂く

素敵な時間となりました

 



今度はご家族とのお時間へ

身近な存在だからこそ

今日まで素直な想いを伝えることが

中々できないこともあったと思います

そんな”ありがとう”の気持ちを精一杯伝えて頂く
ご家族対面

親御様にとっては結婚式が “子育て卒業の日”
おふたりの晴れ姿に親御様からも笑顔と涙が溢れます

 



 

そしてともあきさんは1番感謝を伝えたい

お母様にお手紙を渡します

お母様は挙式の前に涙を流しながら

読んで頂きました

 

 

素敵な家族対面をえて

いよいよ挙式が始まります
おふたりが選ばれたのは人前式

ともあきさんはジャケットセレモニーを

 

みきさんはベールダウンを お母様に行って頂きます

そしてみきさんは大好きなお父様と一緒に
バージンロードを歩きます

この瞬間は みきさんがずっと憧れてた瞬間

娘をたくす バトンタッチ 受け渡しの儀をお父様から
ともあきさんに向けてエールの言葉も届けて頂き
おふたりの素敵な入場となりました

おふたりの結婚証明書は

ゲスト 皆様のお力もかりて全員で完成させる
ひまわりのウェディングスタンプ

待合室のお時間でゲストの皆様に

飾り付けをして頂き おふたりはご署名されます

そしてゲスト皆様を代表して

立会人の方にもしっかりとご署名を頂き 結婚証明書の完成です

指輪の交換や誓いのキスの後には
皆様から鳴りやむことのない
賛同の拍手を頂きおふたりは退場されます

 

 

おふたりの支度が整うとテラスからご入場!

祝福の拍手に包まれ ともあきさんから
ウェルカムスピーチをお話し頂きます

 

 

そしていよいよ祝宴の始まり!

 

司会者の合図で曲が流れ…

おふたりとスタッフがダンスを披露して

キッチンが開くと 今度は厨房スタッフの登場!

 

 

おふたりとスタッフのコラボ演出で

祝宴の始まりを飾りました

 

そしておふたりが楽しみにされていた
歓談のお時間も始まります!

お写真を撮られたらお話も楽しまれている様子に

私もほっこりしました

続いてはケーキイベントへ

 

おふたりらしい ひまわりケーキが登場!

完成したケーキを目の前にとっても嬉しそうなおふたり

ファーストバイトのお時間では
みきさんが小さな可愛らしいスプーンで

ともあきさんはなんと二人羽織でケーキを召し上がる

ちょっと変わったケーキセレモニー!

 

ゲストの皆様と盛り上がる素敵なお時間でしたね

 
ともあきさんは弟様と

みきさんはお姉様と中座をします
嬉しくって 幸せで

そんなおふたりと ご家族のお顔が
わすれられない程 素敵なお時間でした

シーンはお色直し入場へと進みます

 

初めにプロポーズをされた時のお写真から

ブルーブランのチャペルでひまわりの花束を

お渡しになるシーンを前説動画として流し

皆様には黄色のサイリウムを振って頂きます

 

みきさんがイエローのカクテルドレスで入場され

披露宴会場内の壁にもひまわり畑が一面!

満開のひまわり畑で皆様に祝福され

おふたりの夢が叶った瞬間 嬉しさと感動が込み上げました



 

そんな装い新たなおふたりと

一緒にお写真を撮られたり お話をされるなど

自由な歓談タイムを過ごして頂きます

 

おふたりからのおもてなしのご用意もあり

 

お茶漬け ラーメン デザート

お好きな物を好きなだけお取り頂けるスタイル!

 

おふたりらしい ラフな歓談 とっても素敵でした

 

そしていよいよ新郎ご友人からのスピーチ

スピーチ後にはともあきさんのご両親が

結婚式をされた時の映像を流しながら「日々」という

とても素敵な歌をプレゼント頂きます

 

ピアノ演奏も もうひとりのご友人から

 

涙が溢れ 歌が終わるとともあきさんはご友人に

ありがとう ありがとうと言って熱いハグをされました
おふたりの大切な方々から
おふたりを想うお気持ちや

エールの言葉を頂くテーブルインタビューを頂き

 

今度はみきさんの幼馴染みの方よりスピーチを

 

 

笑顔や時には胸が ぐっと 熱くなり涙が溢れる

そんな素敵なお時間

今度はおふたりが想いを届ける番

みきさんから花嫁の手紙をお読み頂きます

 

 

花束や記念品の贈呈

 

本来は5/23日に結婚式をされる予定だったおふたり

 

コロナウィルスの関係で延期をされましたが

親御様とも沢山お考えになり

今日という良き日を迎えることができました

 

感謝の想いを込めて お届け頂きます

 

 

ぎゅっと熱い握手を交わすおふたりと親御様

沢山の想いがこみ上げます

ラストはともあきさんからゲストの皆様
ご家族へ想いを届けて頂きます

そして笑顔が溢れる門出をお迎えになります

ともあきさん  みきさん

今日という1日はおふたりにとって

どんな1日になりましたか?

 

今日までおふたりと沢山のお話を重ねる中で

1番 言葉に出てきたのは

 

“家族やご友人に想いを伝えたい”

 

“みんなが見たことない

全力で楽しめる日にしたい”

 

という想い

 

これからもひまわりにした誓いを胸に

とびっきりの笑顔が溢れる家庭を築いて頂きたいと思っています

 

 

今後も夏祭りやクリスマスディナーなど

イベントで必ずお逢いしましょうね!

また お逢いできる日をずっと楽しみにしています

そしてブルーブランから
おふたりの幸せを願っています

ともあきさん みきさん 大好きです!!



おふたりの担当プランナー 柴田友美 (とも)

愛知県岡崎市の結婚式場・ゲストハウス
ブルー:ブラン

東岡崎駅すぐ
光溢れる全天候型の一軒家貸切ウエディング
★★3年連続・オリコン顧客満足度®調査「ハウスウエディング」第1位★★ https://www.bleu-blanc.net/recommendation/
https://www.brass.ne.jp/corporate/news/detail/31_2.html

■公式サイト
先輩カップルの挙式レポートや
お得なキャンペーン・プランなどはこちら
https://www.bleu-blanc.net/

■試食付きブライダルフェア開催中
https://www.bleu-blanc.net/fair/
フェア・見学専用ダイヤル:0564-55-8899

■公式インスタグラム
https://www.instagram.com/guesthouse_bleublanc/
キッチンスタッフ
https://www.instagram.com/bleublanc.kitchen/

■ご友人紹介キャンペーン実施中
https://www.brass.ne.jp/conti-story/festival/form/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です