ブルー:ブラン・スタッフブログ 愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング結婚式場

この時を胸に

ドキドキとワクワクを味わう

そんな非日常が結婚式当日となります。

一瞬一瞬のその時を楽しんでいただきたいと

私達は常に思っております。

 

新郎:こうきさん

新婦:しいなさん

 

おふたりの結婚式をご紹介いたします。

おふたりの結婚式はご友人様と

ご親族の方のみに囲まれた式となりました。

とても賑やかであたたかいご友人様が多く、

結婚式の雰囲気がいつもより1つ、2つ高く感じました。

 

結婚式の始まりはチャペルで行ったファーストミートから。



 

 

 

 

 

こうきさんはサプライズでこれまでの感謝の気持ちを記した

お手紙をお読み頂きました。

「泣くつもりはなかった」

と、後からしいなさんは仰っていました。

こうきさんの一言一言には交際期間である5年間が

詰まっているように感じました。

 

そして挙式の前に行われた

「家族タイム」でもこうきさんから親御様に向けて

お手紙を披露した頂きました。



 

 

 

 

 

こうきさんからも大粒の涙がこぼれ

親御様の目にも光るものがありました。

きっと親御様にとっても忘れられない

かけがえのないお時間となったのではないでしょうか。

 

素敵なお時間ばかり流れる晴天の日。

おふたりは「人前式」をご希望されました。

挙式後は、アフターセレモニーとして

フラワーシャワーやしいなさんからのブーケプルズを行いました。

そして場所を移動して、お菓子まきで

ゲストの皆様にも沢山楽しんでいただきました。

 

いよいよ楽しい披露宴が始まります。

おふたりは螺旋階段からのご登場です!

おふたりと同じようにゲストの皆様も

沢山の手拍子や声援で盛り上げてくださいました。

 

前日まで天気予報は雨だったことが嘘のように

天気もおふたりの結婚式を後押しします。

 

こうきさんのご友人様から

乾杯のご発生をいただき、祝宴がスタートです。

歓談のお時間でのおふたりのご様子は、

いつものお打合せ以上に笑顔が弾けているように感じました。

沢山のゲストの皆様とお写真をお撮りし、

楽しいお時間が過ぎていきます。

 

こうきさんのご友人様から

スピーチと余興でのムービーとプレゼントを頂き、

前半の盛り上がりポイントである

ケーキセレモニーへと進んでいきました。

おふたりが選ばれたオーダーメイドケーキはこちら☆



 

 

 

 

 

 

 

 

星がテーマの1つであったため、

星形の素敵なケーキを選ばれました。

ファーストバイトを行う前に、

ラストバイトとしておふたりのお母様には

ケーキをおふたりに食べさせていただきました。

あたたかい空気の中、続いておふたりの食べさせ合いっこが

行われました。

こうきさんの鼻にはかわいらしくクリームがつき、

それをしいなさんにはふき取って頂きました。

 

しいなさんはご中座相手に

おふたりの弟様を選ばれました。

初めて聞く弟様の心境に驚いて見える表情でした。

こうきさんは大好きな伯母様とのご中座となりました。

 

あっという間に前半が過ぎ、

おふたりが作成を頑張ってくださった

生立ち映像をゲストの皆様にご覧いただき

会場後方にある扉口からおふたりのご登場です、、、

 

と、思いきやなんとおふたりではなく、

こうきさんの姪っ子ちゃん&甥っ子くんがご登場しました!

そしてテラスサイドのカーテンをくぐると

そこにはしいなさんをお姫様抱っこしている

おふたりのご登場です!

姪っ子ちゃんと甥っ子くんの力を借りた、

迫力あるご入場となりました。



 

 

 

 

 

その後はブルーブランがお送りする

「お茶漬けビュッフェ」でゲストの皆様をおもてなしをします。

後半では、しいなさんのご友人様より

余興ムービーとスピーチを頂戴しました。

 

おふたりの周りには、

いつもあたたかい皆様がいる。

結婚式の中で1番感じることができた事かもしれません。

こうきさんの謝辞の中でもその想いが

込められていたように思いました。

 

こうきさんとしいなさんと出会い、

ご担当させて頂くことは多くのご縁を感じました。

おふたりの結婚式を傍でサポートさせていただき、

私自身もとても幸せでした。

 

これからお会いできる日も少なくなってしまいますが、

また笑顔でお話しできることを楽しみにしております。

ゲストの皆様にも沢山お力をいただき、

素敵な結婚式となりました。

本当にありがとうございました!



 

 

 

 

 

 

 

 

担当ウエディングプランナー 安藤 寿晴

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です