ブルー:ブラン・スタッフブログ 愛知県岡崎市のゲストハウスウエディング結婚式場

当たり前(過去)→ありがとう(未来)へ

梅雨の中の晴天

ブルーブランでも

「大人で素敵なおふたり」が

結婚式を挙げられました。

 

新郎:のりひろさん

新婦:みほさん



 

 

 

 

 

おふたりの結婚式をご紹介します。

結婚式のスタートはチャペルでの

ファーストミートから。

 

先にチャペルでみほさんを待つのりひろさんは

とても緊張をされていました。

おふたりは涙ながら対面をされました。

そして、みほさんからはこれまでの

「ありがとう」の想いを込めて手紙を読まれました。

 

のりひろさんは一言、

「すでに涙がでそうだよ」と印象的なお言葉を残しました。

 

家族対面のお時間では、おふたりに向けて

親御様からあたたかい励ましのお言葉を頂きました。

「これまでありがとう」、「いってきます」

様々な気持ちを握手で交わします。

 

教会式での挙式を行った後は、

おふたりが作成された

「ペーパー&フェザーシャワー」で

ゲストの皆様より祝福して頂きました。

 

ゲストの皆様には

ブルーブランからのおもてなし

「カナッペ」を楽しんでいただき、

いよいよ披露宴のスタートなりました。

 

少し緊張感が残っているおふたり。

ただ、乾杯をした後からは

「だんだん楽しめるようになってきた」と、

のりひろさんも仰っていました。

 

テーブルフォトでゲストの皆様全員とお写真を撮り、

のりひろさんのご友人様よりスピーチを頂きました。

これまでもご友人様を大切にされてきたんだなと

改めて感じることができました。

 

また、みほさんのご友人様からは

DVDとダンスの余興を行っていただきました。

会場は多いに盛り上がります。

みほさんの目には涙も浮かべておりました。

 

そして前半で1番盛り上がる

ケーキセレモニーへと進んでいきます。

おふたりのオーダーメイドケーキはこちら☆



 

 

 

 

 

 

 

なんともおふたりらしい、

おしゃれな金ぱくケーキとなりました。

大人なおふたりらしく、

ファーストバイトはシンプルな大きさのスプーンを使いました。

 

結婚式も半分のお時間が過ぎ、

みほさんは大好きな伯母様とご中座されました。

そしてのりひろさんは仲良しな

甥っ子とのご中座となりました。

 

披露宴もいよいよ後半がスタート!

おふたりは番傘を持って、和装姿でのご入場となりました。

印象的だったのは、みほさんのお父様が

大号泣されていたことです。



 

 

 

 

 

父親として、様々な感情が溢れていたのではないでしょうか。

みほさんの色打掛姿は本当に素敵でした。

 

そして、おふたりからのおもてなしが続きます。

・お茶漬けビュッフェ

・シッティングビュッフェ(着席型デザートビュッフェ)

などでゲストの方にはお料理も楽しんでいただきました。

 

おふたりはお料理でも満足して頂きたいと

兼ねてより伺っており、ゲストの皆様には

ゆったりとしたお時間の中でお料理を召し上がって頂きました。

 

結婚式のクライマックスは、

みほさんのご友人様よりスピーチを頂戴しました。

そして、ここでサプライズを行います。

のりひろさんから美穂さんに向けて

「ありがとう」の気持ちをお手紙にして読んでいただきました。



 

 

 

 

 

結婚したことを実感していなかったおふたり。

お打合せの中では、お互いがお互いに「ありがとう」

を伝えられる時間を創りましょうと

提案をさせて頂きました。

 

男らしいストレートなお手紙に

みほさんは涙を堪えることができませんでした。

 

結婚式を挙げる理由は新郎新婦によって異なります。

・親御様に晴れ姿をみせたい

・感謝の気持ちを伝えたい

 

おふたりには結婚したことを

実感して頂きたいと、ご準備のサポートをさせて頂きました。

 

おふたりにとってどんな結婚式になりましたか。

少しでも結婚したことを感じて頂けたら幸いです。

おふたりのご担当をさせていただき、

心から感謝しております。

 

また、いつの日かお会いできることを楽しみにしております。



 

 

 

 

 

 

 

担当ウエディングプランナー 安藤 寿晴

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です